会社案内

流通新時代へ、チャレンジ。

株式会社テスココンポは、1965年に物流加工を主要業務として設立され、当初より物流加工業務の改革に積極的に取り組んで参りました。その後、ストック、フロー等の製、配、販の各分野にまたがることで発生する煩雑な流通プロセスを問い直し、新たなシステムを模索して流通加工業務に参入。「知的物流システム」をコンセプトに、常に新しい流通のかたちを模索する経営方針の下で順調に業績を伸ばしてきました。

昨今、急速な社会の高度情報化と消費環境の激変に伴い、業界には未曾有の変化のうねりが押し寄せています。こうした中で、納入リードタイムの短縮化、小口・小ロット・多頻度納品、正確な在庫管理、高品質な物流サービスなどのニーズは年々高まっています。画一化されたプロダクト・アウトではなく、マーケット・イン型の商品を求めるユーザーのニーズをキャッチできるか否か、その鍵は物流サービスが握っているといっても過言ではありません。

「物流を制するものが業界を制する」とも言われる今日、企業の物流環境をいかにスリム化し、スムーズなものにするか、これが私たちに課せられたテーマです。

このテーマを、当社は具体的に次の点に集約させ、これを達成する企業体制の構築を目指しています。

  • お取引先企業からのアウトソーシング・リクエストに迅速に対応し、競合他社に対する優位性を確保する。
  • お取引先企業の物流コストを削減し、収益拡大に寄与する。加えて、流通加工業務のいっそうの合理化推進のために、情報システムを強化し、ネットワークの共有化、即ち流通管理のトータルシステムの実現を視野に入れた取り組みを進めています。

当社は、これら積年の課題を粘り強く解決、EDIシステムを採用した事務作業により、正確な在庫管理と、明確な利益管理をお客様に提供できる体制を整えています。即ち、流通加工の一極集中管理作業を実現し、専門的な検品、検針、裁縫再生加工、クリーニング、プレス、段ボール等にわたって自家工場供給を行うことで、お客様に応えてコスト低減の徹底を図っています。コンピュータ管理に加えて、 付加価値を高める作業にも取り組んでいきます。また、3PLは、当社の運送部門によるジャストインタイム納品を可能にしています。

当社は、これまで広範な物流業務、流通加工業務に携わってきました。この間に蓄積した、物流をトータルにコーディネートする知識、ノウハウを活かし、流通新時代の核となるSCM(サプライ・チェーン・マネージメント)の品質向上に積極的に取り組んでいます。

当社は、首都圏50kmの好立地のもとで、埼玉県下に多数の物流加工センターを保有し、北関東最大級の広域型流通加工センターを形成しています。これら物流・流通加工拠点の高度情報化を進めながら、フレッシュな人材を数多く登用し、活気あふれるインテリジェント・ロジスティクス・カンパニーとして流通新時代を見据えたダイナミックな活動を展開しています。

経営理念

全員参加型の企業を創り上げる。

会社は生き物ではなく、従業員が成長させる創作物であり、自分の会社を批判することは、自分を否定しているのと同義であると私たちは考えます。
「批判をする前に何か行動を起こそう」、「問題提起だけでなく具体案を考えよう」
従業員全員でより良い会社を創り上げていこうという精神を忘れないように行動します。

経営方針

顧客のニーズに即応し、信頼と満足を得る。

企業は社会と密接な関係にあり、社会とのコミュニケーションが不足してしまうと、企業は淘汰されてしまうと私たちは考えます。
私たちは社会や取引先様から何を求められているのか、その要望に対応はできているのかを常にチェックし『変化の先取り』をおこなう使命があるということを忘れずに行動します。