倉庫・設備のご紹介

作業

CMS(カート・マネジメント・システム)

商品を入荷検品機(前処理装置)で検品を行ないトレーに投入、JANコード、数量、重量を登録します。
検品したトレーをカートに積載し、カートに表示される間口番号へ移動すると
シャッター付き間口のシャッターが開きます。
指示された商品・数量をシャッターの開いた間口のオリコンに投入します。
投入と同時に重量検品され、投入間違いを防止し、高品質を実現します。


DPS(デジタル・ピッキング・システム)

デジタルピッキングとは、デジタルピッキング表示器を利用した
ピッキング支援システムです。
作業者は、デジタルピッキング表示器のランプが光った場所に足を運び、
表示された数だけ商品を取り出します。
このようにデジタルピッキング表示器の指示に従って行うピッキング作業は、
正確かつスピーディーなピッキング作業を実現します。


DAS(デジタル・アソート・システム)

仕分け先ごとに設置したデジタル表示器に仕分けする商品を認識(スキャンや入力)させ、その商品の仕分け指示数を表示させます。
仕分け作業者はペーパーレスでデジタル表示器に表示された指示数に従い投入するシステムです。


HHT(ハンディヘルドターミナル)

直訳すると「手で持って使う端末」。
JANコードを読み取り、入出庫管理、在庫管理などを行います。
大型マテハンの様に固定スペースを使用することなく、小型で持ち運びできるのが特徴です。


検針機            

商品に針や異物が混入していないかを調べるための機械です。
ミシン針やマチ針、安全ピンなどの混入チェックに使われています。