物流いろは

物流のリードタイム

物流では、よくリードタイムという言葉を聞きます。リードタイムの意味をまとめました。

作業時間を測ってみよう

トヨタ式での改善には、ストップウォッチで実際の作業時間を細かく測ります。そうすることで、作業の改善できそうなところが見えてきます。

物流の5S

5Sとは、整理・整頓・清掃・清潔・躾のローマ字の頭文字です。ここでは、物流の5Sについてまとめました。

物流のムダの改善

人が行うあらゆる作業には、必ずムダが発生しているはずです。そのムダを改善するためのポイントとして、「トヨタ式7つのムダ」があります。これを基に物流におけるムダの改善ポイントのヒントをまとめました。

トヨタ生産方式の省人化とは

トヨタ生産方式での人の減らし方について。ネット通販の倉庫で在庫管理やピッキングを行っているとします。その作業には人が介在しますが、その人数が少なく、トラブルがなく、対応できる件数が多ければ多いほど、効率よく作業が回っていると言えます。

改善の具体的な方法

改善を行っていく具体的な方法は、改善必要点を発見し、現在のやり方を分析します。なぜ質問で着想を得て、あるべき姿を目標に定めます。自由にアイデアを出して改善案を作成し、実施します。最後に改善後実施後の確認を行います。

改善の流れ

改善では、基本的に「1.問題の発見」「2.真因の追究」「3.対策・立案」「4.実施・効果検証」の順で行い、また1.問題の発見を行います。改善は行動力とスピードが命です。改善の議論であれこれと小田原評定をするよりも、まずはやってみることが大切です。

トヨタ生産方式まとめ

トヨタ生産方式で物流を改善していくためには、次の6つのことを行います。1.ムダの徹底排除、2.理想の徹底追及、3.現地現物主義、現場第一主義、4.5回のなぜによる真因追求、5.改善スピード、6.設備改善より作業改善

改善は2Sから始める

5Sという言葉があります。単なる掃除のことではなく、整理・整頓・清掃・清潔・躾のローマ字の頭文字です。この中で、「整理」「整頓」の2Sは、どこでも誰でもすぐに取り掛かることができることですので、改善の第1歩となります。

トヨタ生産方式で禁句の「できない理由」

例えば改善案を考えたとしても、すぐに否定されてしまったら、改善案を出した人も、その後は改善案が出しにくくなるものです。トヨタ生産方式では、みんなでアイデアを出し合い、アイデア実現に向けてみんなで採用案の問題点を潰していきます。

トヨタ式改善での目標の立て方

一般的な改善目標の立て方とトヨタ式での改善目標の立て方は、流れが異なります。トヨタ式では、最初にあるべき姿を目標値として決めます。

トヨタ生産方式での改善心得

トヨタ生産方式では、作業者の動作、物の流れ、保管、前端で改善の心得があります。その一例をご紹介します。

物流作業での問題点の見つけ方

物流作業には、物流作業と在庫の保管があります。トヨタ生産方式での改善では問題点の発見が大切です。それぞれの場面での問題点の見つけ方をまとめました。

現状把握のポイント

トヨタ式改善の最初のステップに現状把握があります。その具体的な内容をご紹介します。

トヨタ式改善の具体的な方法

トヨタ式で改善を行っていく具体的な方法は、改善必要点を発見し、現在のやり方を分析します。なぜ質問で着想を得て、あるべき姿を目標に定めます。自由にアイデアを出して改善案を作成し、実施します。最後に改善後実施後の確認を行います。

トヨタ式改善の基本的な流れ

トヨタ式の改善では、基本的に「1.問題の発見」「2.真因の追究」「3.対策・立案」「4.実施・効果検証」の順で行い、また1.問題の発見を行います。改善は行動力とスピードが命です。改善の議論であれこれと小田原評定をするよりも、まずはやってみることが大切です。

トヨタ生産方式の表準とは

トヨタ生産方式の表準とは、現状の実力や実態を誰もが判るように明確にすることです。「おもてひょうじゅん」といって標準と区別しています。

作業改善と設備改善

トヨタ生産方式での改善には作業改善と設備改善があります。作業改善とは、作業上のルールや物の置き方やレイアウトなど、作業動作そのものを改善することです。設備改善とは、装置の導入や設備の自動化をするための改善です。

稼働率と可動率

トヨタ生産方式では設備保全の考え方として「稼働率」と「可動率」があります。稼働率とは、受注に対して設備をどれぐらいの割合だけ動かすかです。可動率とは、設備を動かしたいときに動く状態の設備がどれぐらいあるかの割合です。

目で見る管理

トヨタ生産方式での「目で見る管理」とは、異常が発生したときに、誰もが異常が発生したと判る仕組みのことです。「目で見る管理」の例や作業の遅れや進みの「目で見る管理」のメリットについてまとめました。

保管7原則

トヨタでは棚・平置き保管に対して保管7原則という考え方があります。「形状別保管」「縦置き保管」「手の届く範囲」「重量物は中・下段へ」「所番地化」「目で見て分かる異常管理」「流動別保管」の7原則です。

自動倉庫の活用

大きな物流倉庫では、人手不足の解消とコスト削減、倉庫の効率的な利用を考えて、自動倉庫を導入しているところも少なくなく、これから自動倉庫を導入することを検討している倉庫もあることでしょう。自動倉庫を導入するときのトヨタ生産方式での考え方についてまとめました。

滞留と仮置きのムダ

物流の工程間で、後作業の進捗が遅くなり、前工程が終わった荷物が滞留することがあります。その滞留した荷物もそうですが、入庫してきた荷物が収納しきれない場合には、仮置きしておくこともあるでしょう。このような滞留や仮置きはムダです。

物流の一斉作業は効率的?

物流で荷受や検品、格納のそれぞれの作業を、倉庫の担当者全員でそれぞれ一斉に作業を行ったら、それは効率的でしょうか? トヨタ生産方式の効率化は、その真逆です。

リードタイム短縮と整流化

整流化とは、物流の作業工程で分岐や合流する工程を無くして簡素化し、一気通貫の流れをつくることです。リードタイムを短縮するための方法の一種です。

省人化の方法

トヨタ生産方式では、改善によって一人単位で人を減らすことを「省人化」といいます。とある作業を改善して0.5人の人工が減ったとしても、そこには一人必要ですので、省人化とは言えません。

物流の必要工数の見直し方

物流では様々な工程があり、それらの工数を見直して効率化することで、毎日の積み重ねのムリ・ムダ・ムラの低減が可能となり、出荷ミスだけでなくコスト削減にもつながります。

トヨタ生産方式での工数の考え方

トヨタ生産方式では、工数に人を割り当てるのではなく、必要な仕事量に対して適切な工数や人を割り当てることを基本としています。

標準時間を守るために

標準時間を決めても作業量によってペースが速くなったり、のんびりしたりと、作業時間が異なってしまっては意味がありません。そこで、現場の状況に合わせたペースメーカーを設置することが大切です。

トヨタ生産方式の標準作業とは

トヨタ生産方式では、誰もがムダの無い同じ手順で効率的な作業が出来るやり方を標準作業と呼びます。標準作業は一度作れば終わりでなく、改善されていきます。物流でも、標準作業が改訂されていない現場は、改善が進んでいない事を意味します。

在庫の目標管理

適性在庫運用を1歩進めて、目標管理にについて考えたいと思います。目標管理を導入することで、さらに在庫のムダを軽減することができます。

適正在庫を始めませんか?

適性在庫を行うための最初のステップは「基準在庫を決めること」。基準在庫は、調達リードタイム内における平均出荷数、調達リードタイム内における変動対応分、最低限の安全在庫の加算で求められます。

リードタイム短縮の重要性

リードタイムとは、注文を受注してから納品までにかかる時間のことです。リードタイムを短縮する為には様々な停滞時間を、徹底して無くしていくのがポイントです。

平準化とは

平準化とは、量や種類を平均化する事。生産性を揃えることも同義です。平準化につて、詳しく述べたいと思います。

物流・在庫の基本的な考え方

トヨタ生産方式での物流・在庫の基本的な考え方は、「平準化」「リードタイムはできるだけ短く」「標準化」「在庫は出来る限り少なく」と「後工程はお客様」です。

どちらの物流作業がムダ?

商品を箱に梱包して出荷する作業で、どちらの作業が早くできるかの問題です。A.先に商品を箱に入れて並べておき、それらを順番にテープで止めていく。B.商品を箱に入れいてテープで止める動作を1個ずつ繰り返す。答えは・・・

ムダがムダを呼ぶ物流の悪循環を改善するには?

トヨタ自動車では、物流での最悪のムダを「在庫を持ちすぎること」と位置付けています。物流では、このムダがムダを生むという悪循環がおきます。

トヨタにおける7つのムダ

トヨタ自動車ではムダと考えている7つの項目があります。その7つのムダについてご紹介します。

物流作業の効率化は正味作業の比率アップで

物流作業を効率で分解していくと、「正味作業」「付帯作業」「ムダな作業」の3種類に分けられます。物流に付加価値を与える正味作業の割合を増やしていくことで、会社の利益にもつながります。

5回のなぜの事例

トヨタ生産方式「5回のなぜ」を、品質期限切れの商品を出荷してしまったことを事例にご紹介します。

トヨタ生産方式「5回のなぜ」

トヨタ生産方式では、何か問題が発生したときに「なぜなぜ」が5回繰り返され、問題の要因を追求していきます。

トヨタ生産方式のキーワード

トヨタ生産方式では、「ジャストインタイム」「自働化」「標準作業」「平準化」がよく出てきます。このキーワードを物流的に説明します。

物流のムダ排除の一例

トヨタ生産方式を取り入れることで、物流のムダを徹底排除ができます。その一例の考え方をご紹介します。

トヨタ生産方式とは?

トヨタ生産方式とは、テクニック論ではなく「あるべき姿とは何か」を追求し、それを実現するための経営思想です。このようなトヨタ生産方式を物流でも採用していくことで、物流のあるべき姿を考えることができます。

物流代行ささげ

物流代行の「ささげ」とは、撮影(さつえい)・採寸(さいすん)・原稿(げんこう)の頭文字を取った言葉です。テスココンポでは、ネットでの通販では欠かせない「ささげ」の代行サービスも承っています。

ネット通販の物流代行

大量の商品のネット通販をされる業者様のためのサービスをご提供。商品の撮影から写真の登録、物流加工、配送まで、テスココンポをご利用ください。

小売店の倉庫としてご利用ください

テスココンポでは、小売店のアパレル系の倉庫としてご利用いただいております。大手小売店様との長年のお取引実績により、配送ミスを限りなくゼロにするシステムを構築しました。物流コスト削減にお役立てください。

物流コスト削減コンサルティング

テスココンポでは、大手企業様との長年のお取引により物流コスト削減と品質向上を両立させ、安全性を高めるためのノウハウを蓄積してきました。そのノウハウを「物流コスト削減コンサルティング」としてご提供いたします。

テスココンポの強み

埼玉県の総合物流サービス「テスココンポ」では、倉庫・物流の人的資源の提供支援や品質・対応力の提供支援を通じて顧客ニーズに即応できる物流の効率化を実現いたします。

倉庫の保険

テスココンポが加入している倉庫の保険「保管者賠償責任保険」についてご紹介します。

食品の対応もテスココンポにお任せください

小さな飲食店が、ネット販売にチャレンジしようとした場合に、冷蔵食品や冷凍食品を小ロットでのご依頼から始まると思いますが、そのような小ロットにも対応可能です。

発送代行で使用する梱包材

梱包材にはさまざまな種類があります。テスココンポでは、エアー緩衝材やエアーキャップ、コーンスターチを原料とし、環境に配慮した「エコ緩衝材」をご用意しています。

ネット通販の商品撮影もお任せください

テスココンポでは、当社スタッフによるネット通販商品の撮影を行っています。撮影場所は当社行田センターにあります。撮影器具は照明器、衣類を着せるディスプレイボディ、腕時計を固定する台など、さまざまな商品に対応。

ダンボール箱のオーダーメイドができる発送代行

通販のお客様にオーダーメイドのダンボール箱での出荷対応も可能なテスココンポのサービス。ダンボールの材質(強度)、内寸法、印字内容や色のご指定など対応致します。

倉庫まで取りに行きたいときの緊急対応

さまざまな出荷のニーズに対応可能なテスココンポのサービス。緊急出荷で、倉庫まで取りに行きたい方にも対応いたします。

物流代行のラッピング

テスココンポの物流代行なら、母の日、父の日、誕生日、結婚祝い、クリスマスなど、あらゆる記念日のラッピングに対応致します。

物流代行の返品対応

物流代行をご依頼頂くときに、必ずと言っていいほど質問されることがあります。それは、返品対応についてです。今回のテーマは、テスココンポの返品対応についてお答えいたします。

貨物保険で安心の物流代行

貨物保険とは、物流において破損・汚損・水濡れ等により、貨物に損害が生じた場合に保証致してくれる保険です。テスココンポでも、お客様の保証をしっかり行うために、貨物保険に加入しているので安心してお任せください。

テスココンポのアパレルピッキング

テスココンポでは、衣類(紳士・婦人・子供・ベビー)、靴、服飾(財布、ベルト、手袋、マフラー)などの物流代行の実績がございます。

共同配送とは

共同配送とは複数メーカーを同一梱包し、発送することで、運送費と資材の削減ができます。

発送代行でできること

ネット通販での流通が増えてきている中、ネットで商品を販売している業者は、当初は自社の空いたスペースに荷物を置くなどして小さく始めたとして、商品点数や販売量が増えてきたら、どこかに商品の発送を代行できないかどうか、検討されることが多いと思います。そのような商品の発送代行で、そのようなことがしてもらえるのかをまとめました。

アパレル物流ならテスココンポ

店舗を持ちながら物流を行う場合には、バックヤードがあれば良いのですが、デパートではなるべく小さな店舗で倉庫は小さくしておきたいもの。そういったときには、物流をアウトソーシングする方法があります。

通販の物流アウトソーシング

近年では、小さな通販の業者を立ち上げ、大きく成長する企業も目立つようになりました。小さな会社が通販を行う場合に、倉庫のことが問題になることがよくあります。それは、商品を受注したときにすぐに発送ができるように、自社の倉庫に品物を置く場合です。

物流のアウトソーシング

メーカーが物流に力を入れていく場合には、メーカーの考えにもよりますが、すべてを自社で行っていくことで情報やノウハウの蓄積を行っていくことをお考えのことと思います。ノウハウを蓄積することがとても大切なことですが、コストとのバランスを考える必要があると思います。

3PLのメリット

3PLに物流を委託をすることによって、得られるメリットはさまざまです。

在庫管理のコスト削減

物販をしている業者様で、流通量や在庫点数が多くなってくると問題となるのが在庫管理です。在庫管理をアウトソーシングすることで、コスト削減が可能です。

物流の検針代行

検針とは、布製品に針が含まれていないかどうかをチェックする作業です。アパレル関連の物流をする前に検針をすることが当たり前に行われるようになりました。当社では、物流代行で検針も代行しています。

流通加工業者を選ぶポイント

物流加工業者選びのときに確認すべき3ポイント(品質、対応力、相性)についてまとめました。

流通加工業者に依頼するときに確認すること

流通加工業者への依頼で失敗しない方法として、流通加工業者を実際に見学することです。そのときのポイントをまとめました。

物流コスト削減の方法

物流コストを削減する方法の一つに物流のアウトソーシングがあります。物流のアウトソーシングのメリットをまとめました。

テスココンポの3PL実績

ネット事業者様からよく3PLのご依頼がある業界としては、ペット用品、健康食品、アパレル業界があります。

3PLとは

3PLやサード・パーティについて、またテスココンポの3PLのメリットをまとめました。